羽生高校からの御連絡

2019年2月の記事一覧

校歌

 音楽室に掲示する本校の「校歌」の歌詞を、書道科の山崎教諭に書いてもらいましたので紹介します。本校の校歌の作詩は「行為の意味」の詩でも知られる宮澤章二氏(羽生市出身)です。
 本校の校歌は、前奏の最後がフェルマータで伸びるため歌が入りずらかったり、音程が跳躍する部分があったりと生徒は歌うのに苦労しますが、全校集会では毎回一生懸命歌っています。

予餞会(卒業生を送る会)

 本日は、昼間部、夜間部ともに予餞会を実施しました。
 今年度の予餞会は「こじ開けろ!未来への扉」がテーマでした。題字は夜間部2年次の笹森さんが書いてくれました。



以下、予餞会の様子です。軽音楽部、音楽部による演奏、教員によるダンスと歌の披露、卒業生から担任の先生への手紙、記念品贈呈、生徒の合唱(夜間部)など盛りだくさんな内容で盛り上がりました。